toggle

スペシャルティコーヒーとは

コーヒーには、品質よりも生産量と低価格が重視される時代がありました。その時代、生産者の収入や地位は低下し、土壌は荒れ、品質が低下。消費者のコーヒー離れが加速しました。このような事の反省から、スペシャルティコーヒーは誕生しました。高品質なスペシャルティコーヒーを生産する事で、その品質に見合う対価を生産者は得ることができます。貧困がゆえに様々な問題の解決への助けになり、金銭面の不安も軽減されました。また、消費者も美味しいコーヒーが享受できるようになりました。

スペシャルティコーヒーの定義

生産国の特定の小地域・区画内において、その土地の特別な気象・地理的条件と生産者による品質を重視した栽培管理・生産処理によってもたらされるテロワールを表現し、魅力ある風味特性を持つコーヒーであること。

生産からカップまでの総ての段階において一貫した品質管理が徹底されておりトレーサビリティが明確であること。

国際審査員にて高い評価をつけられたコーヒーであること。

一般的なコーヒーと一線を画し、その品質に対価が支払われて取引されること。

コーヒーピラミッドについて

Top of Top/トップスペシャルティ・・・カップオブエクセレンスなどコンテスト受賞豆

スペシャルティコーヒー・・・SCAJ、COE方式カップ評価80点以上


プレミアムコーヒー・・・その地域でブレンドされ付加価値の付いたコーヒー(ブルーマウンテンやキリマンジャロ、ハワイコナなど)

コマーシャルコーヒー・・・喫茶店やコンビニ、インスタントコーヒーなど最も一般的に流通している品質よりも生産量と低価格を重視したコーヒー