toggle
2020-04-24

ドリップバッグの美味しい淹れ方


気軽に美味しいコーヒーが楽しめるドリップバッグコーヒー。

コーヒー器具まで買い揃えられないけど、おうちで美味しいコーヒーが飲みたい!てときに…おすすめです!ドリップバッグは、豆を挽くことも、多くの器具を揃える必要もありません。気軽に楽しめます!

個人的には、特別なケーキや取り寄せたお菓子があるときはサッと淹れて一緒に楽しみます。せっかくなら美味しいコーヒーと合わせたいですよね。もちろん、毎日の食後の団欒や、午後の休憩など、様々なシーンで活躍します!


今回はちょっとしたポイントをおさえるだけで、ドリップバッグでもきちんとしたコーヒーに仕上がる、そんなコツをお伝えします。

ー 準備するもの

・ドリップバッグ(12g)
・お湯180g(95度)
・お好きなカップ
・はかり
・タイマー

オワゾーコーヒーのドリップバッグは個装されているので、職場やアウトドアへの持ち運びにも便利です。
窒素ガスが充填されているので長い期間美味しく楽しめます。
ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

ー POINT1:測る

コーヒーの抽出ではきちんと測ることが大切です。最適な時間と湯量を守ることで美味しく淹れられます。(よく濃すぎたり薄すぎたりして失敗する方は一度測って淹れて下さい。その後は、お好みで湯量を調節して下さい。)

ドリップバッグ1個(1杯分)で使用するお湯の量は180gです。
沸騰したお湯をケトルなどに移すと95度くらいに下がります。
ケトルをお持ちでない場合は、注ぎやすいメジャーカップや急須でも代用できます。

はかりにカップを置き、ドリップバッグをセットしたら”0リセット”にして注ぐ量を測りましょう。

ー POINT2:蒸らす

いきなりたくさんのお湯を注いでも上手く抽出されません。
蒸らしは抽出の準備運動です。
蒸らすことでコーヒー全体から成分を抽出しやすくします。

蒸らし方は、粉全体に湿らすように20〜30gを注ぎ、30秒待ちます。

ー POINT3:丁寧に淹れる

30秒蒸らし終えたら、残りのお湯を注いでいきます。
ドリップバッグから溢れないよう丁寧に注いでいきましょう。

半分以下くらいに減ったら注ぐを繰り返します。

最後まで注ぎ終え、ドリップバッグ内のお湯が落ちきったら、カップから外します。

最後にスプーンなどで軽く混ぜて濃度を馴染ませて、完成です!

ドリップバッグの美味しい淹れ方として紹介しました「測る」「蒸らす」「丁寧に淹れる」はドリップの基本になります。コーヒー器具で淹れられる際にも役立ててください。
慣れてきたら、目測や感覚的に淹れても美味しく淹れられるようになります。
いつものカップでいつものように…気楽にお楽しみ下さい。

ー ドリップバッグのこだわり

オワゾーコーヒーのドリップバッグは高品質のスペシャルティコーヒーを焙煎後すぐにパッキングしています。使用する豆は、その時期のおすすめする豆をブレンド。何度もカッピングを繰り返し、味のバランスと焙煎を調整して作り上げます。スペシャルティコーヒーならではの豊かな風味と綺麗な後味、どなたでも親しみやすい味わいを心がけています。

ー まとめ

「測る」「蒸らす」「丁寧に淹れる」ことで安定した抽出ができます。

最後は軽く混ぜて馴染ませる。

ドリップバッグは様々なシーンで気軽に楽しもう。

美味しいコーヒーをより身近に…

オリジナルドリップバッグ(5個セット)¥800
【在宅応援/送料無料】オリジナルドリップバッグ(20個セット)¥3,200


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です