toggle
2019-06-05

しっかり休んで、きっちり働こう!


新時代「令和」になって1ヶ月以上経ちますが、こういう節目を理由に色々と考えてみるきっかけになったりして、それが良いか悪いかはわかりませんが、「オワゾーコーヒー 」も時代に調和して長く続けられるよう日々考えております。

ということで、表題を目標にした、オワゾーコーヒー 的な、長期営業を目指した「働き方改革」を考えております。

ざっくりですが以下の内容になります。(長くてすみません!!!)

1.サービス内容の省略

下記の2.3.に関連してきますが、具体的には7/1からランチサービスを終了いたします。クロックムッシュとキッシュは単品で続けます。そしてモーニングサービスを12時まで延長いたします。

2.適正価格の見直し

もうこれは直近に実施しなければならない状況になっております。
コーヒー生豆、食パン、小麦粉、バター・牛乳などの乳製品、梱包品や備品も・・・全ての原料と仕入れの価格高騰がしばらく続いております。当店のオープンした頃に比べると、価格改定を実施しなければならない状況です。
具体的には7/1からモーニングサービスは¥100頂きます。コーヒーなど一部ドリンクも10~30円値上げさせて頂きます。

3.長時間労働の解消

カフェのオーナーって、ゆったりと悠々自適に仕事をしているイメージがおありでしょう?(笑)。営業時間8:30~19:00と言っても仕込みや準備、閉店作業を夫婦二人でこなすと・・・拘束時間は毎日5:30~22:00くらいです。それに定休日は、仕込み、焙煎、備品調達、焙煎機の清掃、コーヒー教室、研修やカッピング会、経営面の事務作業、銀行、役所、商社などに足を運ぶなどあります。最近は隔週で連休を頂き少し休めて(?)いますが、今後もまだ見直すかもしれません。・・・個人事業主にも有給制度できませんかね?(笑)

4.本質的な地域貢献

これは、全然思いついておりません(笑)
当店が、地域のコーヒー屋として出来る事…オープン当初から変わらないのは、地域の人が、地域のお店で、地域のものにお金を落とす事が地場産業の発達に繋がると思い、当店でも食材は、地域の農家さん、パン屋さん、お肉屋さんから仕入れております。大型ショッピングモールができる地域では商店が潰れる傾向がありますが、地域の個人店にしかない魅力や大切な時間も価値観の一つとした認識を皆様に伝えたく、本質的な何かはしたいなと思っております。

以上。4項目がオワゾー的な長期営業を目的とした働き方改革でございます。
まずは直近7/1からは「ランチサービスの終了」と「価格改定」を致します。

今後も、「スペシャルティコーヒー」を生産する志の高い生産者と、地域の食に携わるプロの方達に、きちんとした対価が支払われて、当店を通して、生産者とお客様(消費者)の繋がりをこれからも持続可能なものにしたいと思っております。

今後とも変わらず皆様に喜んでいただける”価値のある商品”と自分自身の”納得いく商品”を今後も提供したいと思いますので、ご理解ご了承頂けましたら幸いです。今後とも変わらぬご愛顧の程よろしくお願い致します。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です